●●●

TOP

病は克服できる

幸福のプレゼント

復興への道

愛ある故に

入会案内



●東京月例会報告レポート
      

                    信じられる素直さ 

                                平成19年10月28日  目次に戻る

 「金縛りで怖い時があるんです。でも先生の処に来るようになってから、水辺の怖い夢は見なくなりました。元々水は大嫌いで、一人の時は見るのも嫌なんです」と仰るご婦人に会長が話されました。

 「それは睡眠不足。熟睡してたら霊は寄って来れない。まどろみの状態は良きも悪しきもアンテナを持っている状態。だから予知夢とかも見やすくなる。

  あなたの前生は男、香川県あたりの海賊というか水軍が殺したりさらったりした、その後に残ったものを拾っていた。好きでやっていた訳じゃない、生活の為にね。それで水軍に間違われて10歳くらいの時、殺されている。だから水が嫌なんだ。いつも水辺で海賊船がくるのを恐怖感で見ていた。阿修羅の世界にいたんだ。だから今生では安定した波風の立たない、こつこつ築き上げていく、欲もかかないように、かけば前生と同じ目に遇う、儲け話なんかに乗らないようにってね。忘れているだけで、ずーっと繋がっているんです。

  何回か転生してではなく、その場で切らなきゃダメです。気が付けば3日で切れますよ。根本的な事は、まず理由を知って、嫌わない事です。殺されて水に放り込まれているから怖いだけ。元々は水に助けられていたんだし、水そのものは素晴らしい、水がなければ生きていけないんですから。そう思えば水が好きになる。後は人間の問題です。妙な儲け話を持ちかけられても関わらない。そうすれば業がなくなりますよ。

  怖いってのは何処から生まれているのか、それは自己保身です。長生きしたいとか、元気でいたいとか、貧乏したくないとか。そういう怖さが逆に人に騙されるんですよ。そこは怖いって所を、怖くないよって持っていけば、簡単に騙せる、いくらでも騙せるんだ。怖がってないものは武器がないから騙せない。

  宗教通いもそう。家族を大事にしようって気持ちは変わりないけど、怖さでやっているから、たとえば女房からみたら魅力を感じる亭主じゃない。また変な宗教に引っ掛かって、その度に蔵が一つ減る、それより温泉でも連れて行ってくれたら嬉しいのに、って思っていますよ。まず亭主自身の生活が変わらなきゃ、ダメです。

  占いなら、これこれこうで別れようと思っています。そりゃ亭主が悪い、あんたは素晴らしい。別れなさいって言う。
  自然会では全く逆、アンタが悪い、亭主に悪いことをさせているのはお前じゃ、だもん、これじゃ人も寄り付かない。
  似て非なるもの、自分を大事にするのか、人を大事にするのか、でレベルが違う。
  自然会の場合、難しいよね。努力するの嫌だもんね、人間。相手に変わって欲しいんだもん。自分は悪くない。相手に変わって欲しい。そういう方法は無いかって来る訳でしょ、そんなものあるか。

  気功だの断食だの、良いと思うものは何でも手を出す人っていますよね。
  それは自己不安から来ている。絶対的なものを求めている。一つじゃ絶対的なものを感じないから、あれもこれもって。浅いからですよ。
  基本的に馬鹿になれない。頭が良いんですよ。疑っているんです。すべてひとつずつね。どんなに素晴らしいものでも、結局は素晴らしいって思えない。完璧なものなんて無い。完璧にするのは自分です。
  この酒は良いって言っても、その酒で健康になる人もいれば、ゲーってなる人もいる。本人の問題です。どう自分が信じるか。

  信じるって事が必要なんじゃなくって、信じられる素直さを持っているって事が大事。でないと何がホンモノで何がニセモノか、分からない。結局いつまでやっても、死んでも分からない。自分自身がニセモノだからです」


………………

  何故そんなに一人でふらりと飲みにいくのが好きなのか、問われて会長、
 「どこの誰だか分からない人に会う訳でしょ。最初はオイコラ髭、そんなに痩せて食ってんのか、から始まって、短い時間の中で、生涯の友になれるくらいになっちゃう。その醍醐味。酒飲めないから行かない、あんな所へ行ってもロクな奴が居ないって言う人は損してますよ。とんでもない。あれだけ素晴らしい世界があるのに、百冊の本を読むより、すごいものが一日で出来るってことが分からない。
  人の為になることは勿論、それは同時に自分もすごく磨いているんです」

  自然会のサロン創りも具体的なプランが出来上がりつつある様です。楽しみですね。





←前月の東京月例会報告
←前回の京都便り
同月の京都便り
目次に戻る
このページの最初に戻る
次月の東京例会→
次月の京都便り→