●●●

TOP

病は克服できる

幸福のプレゼント

復興への道

愛ある故に

入会案内



●東京月例会報告レポート


                 大欲を果たして小我を得る

                                   平成18年7月23日  目次に戻る

  皆さんは「自然七訓」を御存知ですか?(詳しくは著書『ホント八百』に書かれています)その中に"大我大欲を以って生きる"という一文があります。
  今回は東会長が「大我というのは人への欲、小我というのは自分の欲」と、"欲"について語って下さいました。

 「一億儲けても自分の取り分が2千万だったら誰も文句を言わない。1欲しければ人に5あげればいい。自分は5分の1。これは小我小欲です。一千万しか稼げないのに一千万欲しがるから欲が深いんです。全部一人占めってことですから。

  お坊さんが欲を削るために一生懸命修業する。あれ、無駄な努力です。それよりもっと人に捧げる仕事をして、お布施を一杯貰った方がいい。
  お坊さんの言う通りにしたら千円儲かった。だからって千円持ってくる人は居ないですよ。お礼は百円です。感謝の気持ちなんだから堂々と貰えばいい。大欲を果たして小我を得る、それでいいんです。

  ただただ自分が高邁な精神を持ちたい、自分が勉強したいが為の修業なんてロクなもんじゃない。そこから何かを学んで、役立つエネルギーを世の中に還元できて、初めてそれが小我になる。

  だから"悟り"なんて良いものじゃないって事に気づいて欲しい。心を我にする、自分に一生懸命になるってことですから、人には何の役にも立たない。
人に夢中になることが素的なことで、その瞬間だけ我が無い状態になれる。
  その姿を人から見て"悟り"を開いているように見えるってことです。人から見て、ですよ、自分では分かりません。"オレは悟りを開いた"って自分で言う馬鹿がいるけど、全部サギ師だ。 

  人が見ていない所では我は出ますよ。帰ったら何とかカミさんに酒一本飲ませて貰おうって思う、これは小我です。小さい我、それが素的なんじゃないかな、人間って」


  


←前月の東京例会
目次に戻る
このページの最初に戻る
次月の東京例会→