●●●

TOP

病は克服できる

幸福のプレゼント

復興への道

愛ある故に

入会案内



●東京月例会報告レポート


                       天の恩恵

                                   平成18年12月17日  目次に戻る

  今回は忘年会ということで、皆さん思い思いに今年一年のことなどを話されました。
おかげでご家族がすっかり健康を取り戻した、と仰る方は夏休みの家族旅行の話をして下さいました。
 「娘が"宮古島に家族旅行へ行きたい"と言ったら東会長が"台風が3つも来てる、ちょっと方向を変えてあげよう"と言ってくれた。そうしたら本当に台風が3つとも横にそ逸れて行った。お陰で素晴らしい天気で、きれいな海で家族でスキューバダイビングをして、とても楽しかった。羽田で飛行機を降りた瞬間、雨が降り出したんです」

  東会長は「僕は天啓を享けたその日から傘をさしていないですよ。雨の日でも室内にいる時は降っている。ザーザー降っているような時でも、外に出ると10メートルも歩くうちにチョボチョボ、ポツンとなる。出て歩く間間を降っている。皆、偶然偶然って思うみたいだけど、20年も偶然をやっているとね。

  昔はこの月例会の他に合宿というのをやっていた。携帯もしがらみも忘れて旅をしようって、2泊3日くらいで行くわけです。
  バスの中から人生談義が始まって、夜は旅館でお風呂に入って、美味しいものを食べたりしながら、順番に喋っていくわけです。眠くなったら寝ちゃってもいいし、また起きて参加したりして、私は朝までずうっと喋っている。

  天気予報は完全に雨でバスに乗っていても降っている。それも土砂降り、まるで行く先々を浄めてくれているみたいに。ところがバスの扉が開いて、降りようという時に最後の一滴がポツンと来る。雲間から太陽が出て来る。


  見る見るうちに雲が動き始めて竜の形になる。竜の目にすうっと太陽が入る。放射状に光を放ってそれはもう絵にもかけない美しさに見とれてしまう。天然パノラマショーだ。合宿に行くと何かしらそんなのがある。(詳しくは『天職』に書かれています)

  まじりっけの無い愛の話をしている時は、天が味方してくれる。そんな時実は恩恵を授かっていて、皆、どんどん変わっていく。一回合宿やろうかな。お祓い百回より合宿一回っていう位だ。中には天啓を享けてお祓いが出来るようになる人も出る。享けたら享けたで難儀な問題も出てくるのだけれど。

  天候や自然現象を左右する力があるのかって?
  違うんですよ、僕の言っているのは。じゃTV局が来て今日曇なんで、その天然パノラマショーを見せてくれ、って言ってもそれはダメなんです。そうじゃあない。

  たとえば先ほどの宮古島への家族旅行の話、このご家庭は皆非常に仲睦まじくって、どうしてこんな家庭に病気がっていうくらい。でも御本人がどうしても忙しすぎて仕事優先になっちゃって、家庭の方は奥さんに任せきり、コミュニケーション不足で心がバラバラになっていた。子供は素直ですから、それを親に訴える手段がアトピーっていう形になったり、奥さんやご本人の病気になったりしていた。
  これはいかん、何が一番大事なのか、ってことに気がついたところから全員が良くなっていった。そしてなんとしてもこの夏、家族旅行に行きたいって言う。じゃあ、台風が来ているのでよ避けてもらおうね、って。

  合宿もそうなんです。素的になろうとしている人の素晴らしい集まりだから、ご褒美に天候をくれているだけなんです。何でもかんでもやれるわけではないんです。
  故意にパワーを出そうって人もいるけど、人間にそんな力なんてありません。 宇宙のエネルギーを感受できるか、いかにうけられるかってことで、我欲でそんなことしようと思ったって、そんな特技なんて誰にもあるはずもない。

  虫の報らせもそうです。お母さんにハッと虫が報らせて、東京の息子に電話をかけたら熱を出していた。愛の深さで通じちゃうんです。それで大事になる前に処置できる。近くにいる親戚に行って貰うからとか、どこどこに行きなさいとか。そのまま放置したら取り返しがつかない事だってある訳ですよ。
  いかに普段愛が深いかってことです。愛が深いほどその人には効く。どうでもいい人には効かないです。他人事、対岸の火事ですから、その火事止まれって言っても効かないです。それが自分の親族だった場合には効く。何故か風向きが変わってくれたり、雨が降ってくれたりする。不幸中の幸いっていうのは全部そうです。
  天が味方してくれるから大きな災いにならずに済むんです。

  そういう風にいつも自分が"白"でいられるようにするのが、本当の人間の修業であり、訓練だと思う。
  皆、身につけようとするんですよ。学問や知識や教養やら、身につけて人に勝とうとする。でもそれは違う。本当の修業は何も無くなることですよ。アホになること。アホって言ったってボケじゃない。本当の素的なアホです。素的なアホには人が寄ってきますよ。警戒する必要ないですもん。会うと何か豊かな気持ちになれる。悩んでいたことがアホらしくなる。元気を貰って帰ってくる。意識して"あげよう"と思わなくても、人は勝手に幸せになっていってく れますよ。

      
←前月の東京例会
目次に戻る
このページの最初に戻る
次月の東京例会→